地震大国の日本では地震対策を行って安心できる住まいを

壁紙を変えよう

壁紙の張り替えは簡単

規模が小さく、技術がいらないリフォームなら、自分でやると言う選択肢もあります。実際に、DIYブームの流れを受けて、簡単なリフォームなら自分でやると言う人が増えています。最近では、女性の間でもDIYが広がってきました。 簡単なリフォームには、壁紙を張り替えると言うものがあります。壁紙の張り替えは、欧米では当たり前のようにDIYで行われてきました。我が国でも、DIYで壁紙の張り替えをすることがポピュラーになってきています。作業が簡単な割りに、部屋のイメージを大きく変えることができます。 既存の壁紙を剥がした後の養生をきっちり行えば、初心者でもきれいに仕上げることができます。できれば、2人以上で作業することです。

ホームセンターに行けばいい

壁紙のリフォームを自分でするなら、壁紙を購入しなくてはいけません。壁紙はホームセンターなどで簡単に手に入れることができます。粘着シートタイプの壁紙や生糊つきのものなど、色々な壁紙が販売されています。色や柄の種類もどんどん増えてきました。 壁紙を張り替える場合、壁紙だけ用意すればいいと言うわけではありません。糊なしの壁紙を張るなら、糊やヘラやカッティング定規などが必要になります。また、壁紙を剥がす作業もしなくてはいけませんが、その場合スクレイパーが必要になることも多いです。場合によっては、壁などの広い面をサンディングする電動サンダーを使うこともあります。それらの道具は、ホームセンターで買うことができます。